昨今は、株の取引を行っている人が大変増えています。
以前と比較するとこのような株に関する情報も増え、誰もが気軽に株の取引きをスタートをすることができるようになっているのです。
またここ日本では新たな税制の優遇措置がとられるようになり、これを機に株の取引きを始める人も少なくありません。

そのような中で、株主優待にも大変な注目が集まっており最近ではこの優待を利用して、生活を楽しんでいる人も少なからず存在します。
もちろん、株を持っていさえすれば誰でもこの株主優待のサービスを受けられるといったものではありません。
株主の優待制度そのものを行っていないという企業もあります。

また以前は優待があっても、その企業の業績が悪くなればそのような優待は受けることができなくなるといったケースもあるのです。
この優待はその持ち株数によっても大きく異なります。
優待のサービスを受けられるその保有株数も企業によって違いがあるので、株を購入する際にはその点もきちんと理解しておく必要があります。

またこの株主優待のサービスを受けるには、権利確定日にその企業の株主であることが求められます。
しかし、その確定日に急いで株を買っても権利を取得することはできません。
権利確定日以前に最終売買日という日が設けられているのです。

この最終売買日を過ぎると、優待のサービスを受けることは不可能となります。
日本の場合は、権利確定日の4営業日前までが最終売買日となっています。


ページTOPへ